HOME > メリット

「妥協」して新築よりも、中古×リノベーションで「理想」の暮らしを。

中古物件×リノベーションの最大のメリットは、すでにある建物を利用するため建築コストを大幅にカットできることです。その分、土地の購入に予算を充てることができ、新築では手が届かなかった地域も視野に入れることができます。たとえば、岡山市の人気エリアで50坪の土地に新築戸建を検討すると4000万円はします。しかし中古住宅に目を向けてみると築25年の物件が1500万円以下で見つかります。リノベーション費用に思い切って800万円かけても2300万円で計画することができます。

01

物件のコンディションと手法を柔軟に判断

リノベーションと聞いて多くの方がイメージするのは某テレビ番組のような柱と梁だけを残してすべて解体した、あの大掛かりな雰囲気です。確かにそこまですれば、間取りの自由度は一気に上がり、キッチン、バスルーム、サニタリーなどの配置も自由になります。間取りを大きく変更したい場合はこの手法を採用することが多くなります。が一方、リノベーションの醍醐味はそれだけではなく、既存を生かしながら空間をつくり上げていくのも一つの手法です。
・実現したい間取りが元の間取りに近い
・適切なタイミングでメンテナンスや修繕が行われていた

などの場合、無理に大掛かりな工事を行う必要はありません。
必要最小限のコストで「上質な空間」を手に入れることが可能です

02

資産価値の目減りが少ない

中古物件は新築に比べて資産価値が低いというイメージがありますがそのとおりです。
新築のほうが価値は高いです、とはいえ「資産価値」を考える場合、注目すべきは「目減り率」です。
日本では木造住宅の建物の償却年数は22年と定めています。つまり、22年で建物部分の価値は「0円になりますよ」といっています。一概には言えませんが、通常の中古住宅販売価格にも加味されています。とはいえ、築22年目以降、住める状態でなくなるわけでも、建物が消滅するわけでもありません。適切なメンテナンスをすればもっともっと長く住めます。むしろ、土地価格の変動はあるものの建物の資産価値の下落がストップしたままなので、住宅ローンを償還率とのバランスがとれ「安全な資産」といえます。
必要最小限のコストで「上質な空間」を手に入れることが可能です

03

住まい探しからリフォーム工事までワンストップで行える

「中古物件×リノベーション」を成功させるには、不動産に関する知識、ローンや税金対策などのファイナンシャルの知識、建築に関する構造やデザインなどの知識、住宅の商材に関する知識、高い施工技術など、多岐に渡り奥深い知識必要な仕事です。
それぞれにプロがいますが、お客様が個人で探し出し、逐一相談しながら「中古物件×リノベーション」を実現するには困難を極めます。
たとえば中古住宅を探す場合、まず不動産会社を訪ねる人が多いと思います、不動産が決まってからリノベーションを行う会社を決定して依頼する。よくある流れですが、不動産会社は物件を引き渡すまでが仕事であり、その後のリノベーションには責任はありません、広いリビングを希望していたのに、実は壁をまったく取り壊せない物件だったり、水回りを移動させるのに多額の費用がかかる物件だったり
リスクを挙げればキリがありません。

ハウスラボでは、お客様に代わって、スムーズに進行できるよう「ワンストップサービス」で不動産のご紹介、建物の老朽などの現状把握、適切な工事の手法の選択や提案、税金控除や補助金などの活用、工程管理からご入居までのスケジュール管理等、雑多な作業を請け負い、安心の引渡しをお約束いたします。

04

住宅購入費用とリフォーム工事費用をひとつに

ハウスラボの「ワンストップサービス」では、物件購入の費用とリノベーションにかかる費用の借入額や借入時期、売主さまからの物件の引渡し時期の決定などをお客さまと相談しながらスムーズに行います。購入、設計、工事を分離して行うと、ローンを組む段階において問題が発生しやすいです、リノベーション費用を物件費用に合算して住宅ローンを組む場合、見積書や計画書を合わせて銀行に提出する必要があります、ところが物件の申し込みをしてから設計の打合せをし、見積書や計画書が出来上がるまでには時間がかかり売主さまの心情やローン決済のタイミングを考えると満足のいく完成へのハードルはかなり高くなります。
また、リノベーション費用を住宅ローンに合算せず、別途でリフォームローンを利用すると、金利が住宅ローンより高く借入期間も短い設定しかないため、月々の支払額が高くなったり、住宅ローンの返済がすでに始まっているためリフォームローンが借りられなかったり、様ざまな問題が発生します。

05